八幡男山・枚方樟葉の人気の「檜-ひのき-鍼灸接骨院」

ひのきスポーツ治療
ひのきスポーツ治療

鍼灸治療は私達の身体に本来備わっている『調整力・回復力』を引き出します。身体への刺激が自律神経系、免疫系などに作用し、緊張を緩和し、血液や間質リンパ(細胞間質液)の循環を整え、自然治癒力を亢進させます。

最新型治療器を使って短期間での治癒を目指します。高電圧電流による電気刺激で炎症、疼痛の緩和に特化したハイボルテージ療法。『細胞の修復促進』『痛みや疲労回復』に優れた微弱電流(マイクロカレント)療法。これらを組み合わせ、痛みや不調の改善に努めます。

負傷後の能力低下を防いだり、同じケガを繰り返したりしないように状態を改善します。当院のスタッフは数多くのアスリートを見てきた経験から、リハビリ指導を含めて各スポーツに特化した動作指導も行います。
負傷前よりも動ける身体へ導きます。

損傷した筋組織や繊維化して硬くなった筋肉に手を以って緩めていきます。
1人1人の身体の状態に合わせながら、ゆっくりと筋肉を緩め、痛みや不調の改善、局所機能改善、間質リンパ(筋肉のポンプ)機能を改善し、関節や筋肉を正常な状態に戻していきます。

初期治療処置である、完璧な固定は最も重要になってきます。
初期の処置が不十分になると、慢性的な後遺症痛や関節の痛みが残りやすくなってしまいます。

首の症状
ストレートネック、頚椎ヘルニア、むち打ち
肩・肘の症状
野球肩、水泳肩、インピシジメント症候群、野球肘、テニス肘
手の症状
突き指、バネ指、橈骨神経まひ、腱鞘炎など...
腰や背中の症状
坐骨神経痛、腰椎椎間板ヘルニア、ぎっくり腰
足の症状
足首捻挫、ランナー膝、シンスプリント、鵞足炎など
様々な部位の症状
筋肉痛、肉離れ、疲労骨折など
  • 大切な試合前にケガをしてしまった。
  • プレー時、競技時に痛みを伴う箇所がある。
  • 筋肉疲労がなかなか抜けない。
  • 捻挫がクセになっている。
  • 試合が近ずいているので、コンディションを上げておきたい。
  • 持っている力を最大限発揮したい。
  • 痛みを取り除き、スポーツをもっと楽しみたい。

同じ動作を繰り返すことによるオーバーユースや、重量上げなど一度に過度の負荷が掛かることによって起きるオーバーロードが主な原因です。その結果、軟骨の変形、炎症、骨折などを引き起こします。同じ動きや、間違った動きによって引き起こされるので、フォームの改善や、日頃のケアが大切です。

例:
野球肘・テニス肘・疲労骨折・シンスプリント・アキレス腱炎・テニス肘・ランナー膝・ジャンパー膝など

プレー時、競技時に起こる症状です。コンタクトプレーによって引き起こされる着地の失敗、転倒、挫くなどの外的要因によって引き起こされます。基本的には保存治療していき、時間の経過とともに痛みは緩和されていきます。しかし、放置していると、その部位が固まるなどして、スポーツ障害の引き金になることがあります。

例:
捻挫・打撲・骨折・脱臼・肉離れ・靭帯損傷など
直後は絶対安静!!
痛めた直後からその部位の修復作業が始まります。しかし、患部を安静にせず運動を続けることでその作業の開始が遅れてしまいますので、受傷後は安静にすることが大切です。
患部を氷などで10分程冷やす!!
患部を冷やすことで、痛みを軽減し、血管を収縮させ、腫れや炎症の広がりを抑えることができます。
テーピングなどで適度に圧迫!!
適度な圧迫を患部に与えることで腫れや炎症をコントロールすることができます。ただし過度な圧迫は危険ですので強度に注意しましょう。
患部を心臓より高い位置に!!
心臓より高い位置に挙上をすることで、重力を利用し、なるべく血を患部に流れ込まないようにします。それにより腫れや炎症をコントロールすることができます。

応急処置はRICE処置というのは本当?

RICE処置とは「Rest(安静)」「 Icing(冷却)」「 Compression(圧迫)」「Elevation(持ち上げる)」。これらの頭文字をとって受傷時の応急処置を表現したものです。これらは30年ほど前から言われてきていますが、はたして本当なのでしょうか? 「間違っている」というのは少々言い過ぎですが、なんでもかんでもRICE、というのは少し気をつけたほうがいいかもしれません。特にアイシングに関しては。 実はアイシングのエビデンスとしてはゲートコントロール理論による痛みの軽減する効果以外はありません。単純に考えてみると炎症反応とは組織が回復するのに必須なものであり炎症反応を阻害してはいけないのでは?大切なのは重要度を判断し、疼痛が激しければ一時的(20分程度)にアイシングをし、その後徐々に軽い運動を行う方が正しい治癒過程に促されます。 痛めたら、炎症が起きたらなんでもかんでもまずは「冷やす」は危険です。当院では一人一人の症状に合わせて、固定が必要であればしっかりと固定をし、アイシングが必要な場合はアイシングもします。また、安静が必要な時にはスポーツは一切中止して頂きます。これらは全て、1日でも早く万全の状態でスポーツ現場に復帰する為です。

いつもありがとうございます!
サッカーをしているのですが長年腰の痛みに悩まされていました。
よその治療院に通ったこともあったのですがなかなか改善されませんでした。
痛みで悩んでいるときにホームページで檜さんのことを知りました。
アスリートも使っている機械があるとのことで、興味本位で行ってみました。
施術直後は今まで悩んでいたのが嘘のように楽になりました。
もちろん一度で完治はしませんので定期的に通院しています。
3ヶ月ほど通っていて、通院当初に比べるとだいぶ良くなりました。
先生方はとても親身に話を聞いてくれて、安心して通院できました。
これからもよろしくお願いします!
ヨコさま(男性)
なにより手技に時間をかけて
丁寧に施術させていただきます。
檜作 徹 (ひづくり とおる)
檜作徹
保有資格
柔道整復師
鍼灸師
あんまマッサージ指圧師
介護支援専門師
出身
京田辺市(京都)
趣味
ゴルフ、サーフィン、ピアノ
得意な施術
関節疾患・腰痛
患者様に一言
地域で一番必要とされる院を目指し、患者様に喜んでいただけるよう日々精進致します。
-
-
前川剛士
保有資格
-
出身
-
趣味
-
得意な施術
-
患者様に一言
-

〒614-8365 京都府八幡市男山金振1-28