八幡男山・枚方樟葉の人気の「檜-ひのき-鍼灸接骨院」

お問い合せ
足は人間工学上、最大の傑作であり、そしてまた最高の芸術作品である
足は人間工学上、最大の傑作であり、そしてまた最高の芸術作品である
こんなことでお悩みではございませんか?
  • 自分の足に合った靴にいまだ出会ったことがない
  • 実は自分の足のサイズを今まで測ったことがない
  • 幅が狭くて窮屈だから大抵大きめのサイズの靴を選ぶ
  • 楽だから脱ぎ履きしやすいブカブカの靴を履いている
  • 紐を結ぶのが面倒でゆるゆるのまま靴を脱ぎ履きする
  • 立ち仕事やウォーキングなどでの負担を軽減したい
  • 姿勢を改善したい
  • 運動時のパフォーマンス向上など
  • 膝・足首・股関節・腰などに痛みを感じる
足のお悩み
インソールで解決
インソールで解決
インソールとは?
インソールと足

インソールというのは靴の中に入っている中敷きの事を言います。
人は誰でも左右の足に動き方の違いがあり、また履いている靴の種類によっても、歩き方は変化します。
その左右差が『足』の機能が低下させ、骨格のバランスを崩し、全身に過剰な負担を掛け、身体の悩みを引き起こす要因となります。崩れた骨格バランスを『足』から整え痛みの対策や障害予防など、健康な足元の環境づくりのためには足に合ったインソールが必要です。

インソールをオーダーメイドで
作る必要がある人

外反母趾・内反小趾・偏平足・有痛性外脛骨・ハイアーチ・踵の痛み・アキレス腱の痛み・ねんざぐせ・ウオノメ・タコ、肩こり・腰痛・膝痛(O脚・X脚)

など身体のバランスが足元から崩れている人にも必要なものです。

適切なインソールをお勧めする3つの理由適切なインソールをお勧めする3つの理由
1.足を適切に運動させるために1.足を適切に運動させるために
インソールの調整

適切な靴を履いていなければ、当然、足はきちんと運動できません。硬すぎたり、厚すぎたりする靴底、大きすぎて脱げ易い靴、窮屈すぎる靴、どれも人間の足の適切な運動という観点からすると、履物としてダメなものばかりです。
本来、土踏まずを始めとする足に備わっている3つのアーチは、地面から受ける衝撃を和らげ、その後、推進するために力強く地面を踏み蹴るために、絶えず動いて(運動して/機能して)います。運動に際してはアーチだけに限らず足趾も活躍していますが、こうした動きは、ダメな履物ではうまく働きません。
インソールを装着する前に、まずは靴選びからというお話のようにも聞こえますが、適切なインソールを装着する靴選びにこだわりがあって当然です。靴の使用で、足の運動が妨げられている場合があるのですが、適切な靴選びをして、さらにインソールの装着によって、足が運動できる環境づくりをするのです。

カラダ本来の機能を呼び起こすためカラダ本来の機能を呼び起こすため
歩き方の確認

「現代人は、舗装道路を歩くから、衝撃吸収性の高い厚底の靴が良い」といえば、一見、正しいようには聞こえますが、果たしてそうでしょうか? このような考えは、結果として、人間が本来持っている様々な機能を低下させていると私は考えています。
外的な刺激は、足を強くします。外的刺激によって皮膚は強くなり、靭帯や腱も強くなります。足につながる脚部、体幹へと大きな刺激を伝達し、効率の良い運動が実現します。青竹踏みや、表面に大きな凹凸のある健康サンダルなどは、まさにこの課題を克服するためのアイテムと言えますね。
ところで、現代のアスファルトの舗装道路よりも路面状況の悪いローマ大会を、裸足で走って、オリンピックのマラソン金メダルに輝いたエチオピアのアベベは、当たり前のことですが、私たちと同じ人間です。現在の舗装道路よりも整備されていない過酷な条件でフルマラソンを走りきるアベベの足と身体の強さが、どれほど高いレベルのものかがわかります。

実は、アベベのような潜在能力が私たちにも備わっているのです。もちろん、私たちはアベベのように裸足でフルマラソンを走ることはないでしょう。ただ、能力があるのと、それを使えるということは違います。裸足で走るような刺激が「足」に伝わらなければ、能力の向上は望めないということを忘れてはいけません。
実際、マラソンランナーを見ると、私のお話が決して思い込みではないことがお分かりいただけるはずです。市民ランナーが使用するマラソンシューズは、比較的クッション性の高い厚底のシューズであるのに対して、マラソン上級者用のレース用シューズは、靴底も薄く、軽くて簡素なものです。より速いスピードで長距離を走るわけですから、身体にかかる負担は大きくなりますが、使用するシューズはそうした機能を強化したものではありません。 つまり、マラソン上級者は、高機能なシューズや特別なインソールなどの特別な道具を使用しているから速いのではなく、人間が本来持っている能力を高めることができたから速く走れるようになったと考えるべきです。
市販されている一般的なシューズであっても、インソールの装着によって、足に適切な刺激を与え、足の機能を強化することが可能です。ヨーロッパで販売されているインソールを見た際にも、こうした効能を意識していると感じます。日本で販売されている柔らかい素材のインソールと比較すると、硬くしっかりとした素材を使用しているものが多いと感じました。

カラダの使い方を効果的にするためカラダの使い方を効果的にするため
靴とインソール

目の不自由な方のために設置される道路の点字ブロックや、鉄道の駅でよく見かける転落防止用の点字ブロックは、健常者であっても、容易に認識できるほど存在感があります。 こうしたわかりやすい人工的な設置物とは違い、私たちが生活するこの環境では、様々なサインを足裏から受け取っています。路面の安定性や小さな変化、傾斜、温度をはじめ、多くの情報が「足」という器官を通して、認識されるのです。
ところが、合わない靴を使用することで、こうした貴重な情報を認識できないという問題がしばしば起こります。
こうした問題が生じた際にも、私は、インソールは有効な問題解決策であると考えています。きちんと作りこんだオーダーメイドのインソールであれば、足裏を通して認識する情報量が格段に増加するからです。
足裏から得られる情報量が増加すると、身体の使い方も変わります。
例えば、硬い路面を歩く時と、不安定な路面を歩く時では、歩き方が違うのは容易に想像できることでしょう。同様に、走る場合も、情報がきちんと処理できれば、路面などの状況に合わせた身体の使い方になっていくということです。

お問い合わせお問い合わせ
お電話お電話
メール
心当たりはございませんか?

歩くと足の裏が痛い、よく疲れる

足の指が痺れる、
足の裏に痛みが走る

内くるぶしの下の骨が痛む、
出っ張っている気がする

親指、小指が内側に変形している

靴の中で指があたって痛い

指が地面に着いていない気がする

いずれかに当てはまる方は靴が合っていない可能性があります

靴が合わないと様々な症状の原因となります靴が合わないと様々な症状の原因となります
歩行時に痺れる

腰部脊柱管狭窄症、モートン病

つま先、足裏が痺れる

モートン病、椎間板ヘルニア

足裏が痛い、疲れやすい

偏平足、ハイアーチ

足の内側の痛み

有痛性外脛骨

お尻からつま先が痺れる

坐骨神経痛、腰椎椎間板ヘルニア、
腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症

お問い合わせお問い合わせ
お電話お電話
メール
いいインソールがもたらすカラダへの効果いいインソールがもたらすカラダへの効果
快適性を高める

一般的に、防臭・抗菌や汗の吸収発散、保湿性を謳うものいわゆる「中敷き」。骨格へ影響を及ぼすことはほとんどない。

安定姿勢と維持

崩落したアーチを直接サポートし、骨格の歪みを解消と謳うもの機能性インソール 硬い素材で固定したり、足形を取って作るものなど骨格への影響が非常大きい。

運動機能を向上

フィット感の向上や衝撃吸収力で運動パフォーマンスの向上を謳うもの機能性インソール (足形を取って作るものなど)骨格への影響が大きい。

治療の流れ
カウンセリング
足の測定、姿勢、歩行動作の分析
インソール作製
再調整、微調整
アフターケア
1.カウンセリング
2.足の測定、姿勢、歩行動作の分析
3.インソール作製
4.再調整、微調整
5.アフターケア
料金
大人料金
中高生料金
小学生以下
2足目以降
フルオーダー料金
セミオーダー料金
スマホ用フルオーダーとセミオーダーの料金表
あなたは自分の正確な足のサイズを知っていますか? あなたは自分の正確な足のサイズを知っていますか?
檜作院長

ほとんどの人が大体このぐらいの大きさだろうという考えで靴選びをしているのではないでしょうか?また、少々サイズが合わなくても靴のデザインや見た目のカッコよさのほうを重視して選んだりしていませんか?
実際にサイズを測ってみると左右の大きさが0.5cm、つまり1サイズ違う人も珍しくありません。靴は左右対称なのに足は左右対称ではないのです。だからある程度はフィッティングが出来たとしても、完全にフィットする靴に出会えることはなかなかありません。

他の人が良いと言った靴でも自分が履くと必ずしも合うとは限りません。
なぜなら人はそれぞれ顔や体の形が違うように足の形もひとりひとり違うのです。

その靴と自分の足を100%に限りなく近づけることが出来るのがオーダーメイドインソールです。

足の測定

足自体を覆う『靴』の存在はとても重要です。インソールよりもまずは靴、どれだけ優れたインソールを作っても靴が合っていなければ効果も完璧なものを期待することはできません。靴とインソール、どちらもとても足に重要なアイテムなのです。

当院は院長がフットケアトレーナーとしてインソール作製の他に靴のアドバイスや、足に関する疾患を専門家として積極的に取り組んでいます。ちなみに最初はインソールを当院では勧めません。インソールを作らずとも正しい靴選びをするだけで悩みが改善することが少なくないからです。

インソールを作るのは、靴だけでは改善しない症状の場合や、足をより良い環境にしていきたいと考えている意識の高い方、インソール(足底挿板)療法が最も適応と考える症状の方です。

お問い合わせお問い合わせ
お電話お電話
メール
檜 -ひのき- 鍼灸接骨院

〒614-8365
京都府八幡市男山金振1-28

診察時間表 ひのき鍼灸接骨院外観