酵素学的1日の生理リズムとは・・・

1日の中では「朝起きて、昼に活動し、夜に寝る」という生活リズムが存在します。

 

体の生理リズムも同様に人間には消化や代謝にそれぞれふさわしい時間があると1830年代にアメリカの医師が考えたのです。

 

 

①排泄の時間(午前4時~昼12時)

この時間帯は体の毒素を出しきって排泄を促す時間です。

排泄に酵素をたくさん使っているためこの時間帯にしっかりとした食事は禁物です。

もしお腹いっぱいになるまでしっかりと食事をすると消化の方に酵素を使ってしまうため代謝の方に酵素を使うことができなくなり、体内に毒素を溜め込んで太ってしまう原因にもなります。

食べるのなら酵素たっぷりの生野菜か生の果物にしましょう。

 

 

②栄養補給と消化の時間(昼12時から午後8時)

朝起きてから少しずつ臓器の働きが良くなり、正午を超えたあたりには消化能力は上がっていきます。

お昼に猛烈にお腹が空いてくるのは胃腸が目覚めて食事を摂る準備ができたというサインです。

消化酵素も活発に働きだすので食事を摂るならこの時間帯がベストです。

 

 

③吸収と代謝の時間(午後8時~午前4時)

②で摂った栄養素が消化、吸収され全身に回っている時間帯です。

体の中では新陳代謝が活発に行われ、古くなった細胞も再生や新たな酵素の産生、体内の老廃物の排泄の準備をしています。

この時間帯にしっかりとした睡眠をとれば代謝が活性化して免疫力も上がります。

しかし、逆に夜更かしや夜食などを続けていると新陳代謝も正常に行われず体を壊す原因になります。

また午後8時を境に消化活動から代謝活動にうまくバトンタッチさせることが重要でこれがうまく行われると代謝も上がり免疫力も上がります。

できるだけ午後8時までに食事をすませ、8時以降は何も食べないように心がけましょう。

 

 

ここで紹介した生理リズムを意識して生活すると代謝が上がり免疫力も上がります。

疲れやすいなど体に不調がある人は意識して生活してみてはどうでしょう。

投稿日:2019年04月13日
infotop
檜-ひのき-鍼灸接骨院
075-874-3888

【診療時間】

 午前 8:30~12:00
 午後 16:00~20:00
 土曜 8:30~13:00

【定 休 日】

 土曜日の午後・日祝日

 〒614-8365
 京都府八幡市男山金振1-28

 ★★駐車場完備★★


 ★迅速に返信いたします!★

問合せ
sidebottom