膝が痛くなる様々な疾患2

前回のつづきになりますが・・・

「膝が痛くなる様々な疾患」をより掘り下げて紹介していきます。

 

最近、読んだ専門書によると

半月板の損傷と骨の壊死が関わりやすいとありました。

 

 

半月板というのは膝関節のクッションの役割をしていますが、

膝関節は人体で最も負荷がかかる関節と言われており、

歩行時に体重の3倍、階段昇降では5倍かかるとのことで体重の重さに関わってきます。

さらに正座やスポーツなどにより、その負担は増加されます。

やがて半月板も傷つきます。

 

 

半月板の断面図です

 

その文献では、半月板の内後側(図の赤い部分)に損傷が起こると

約45%でその近くの骨も血流障害などで骨壊死がしやすいと

書かれていました。

半月板の損傷と骨壊死はMRIでないと診断はできませんが、

以下のような症状があれば要注意です。

 

・深く曲げると膝の裏あたりが痛い。

・膝がロッキング(曲げ伸ばしが困難)

・膝崩れしやすい

・膝が腫れている

 

自己判断せず、ほっておくと症状が進行してしまいますので、

気になる方はお早めにご相談下さい。

 

投稿日:2018年10月17日
infotop
檜-ひのき-鍼灸接骨院
075-874-3888

【診療時間】

 午前 8:30~12:00
 午後 16:00~20:00
 土曜 8:30~13:00

【定 休 日】

 土曜日の午後・日祝日

 〒614-8365
 京都府八幡市男山金振1-28

 ★★駐車場完備★★


 ★迅速に返信いたします!★

問合せ
sidebottom