足関節捻挫

6月になりましたね。

今月からサッカーワールドカップが開幕しますね。

 

今回はサッカーでも起こりやすい足関節捻挫についてです。

足首を強く捻る、または捻った状態で着地することが原因で靭帯を損傷します。

 

足関節捻挫の90%が足首を内側に捻る、内反捻挫になります。

内側に捻ることによって外側の靭帯が伸ばされて損傷、または靭帯が付いている骨が剥がれる裂離骨折を起こすこともあります。

 

一度捻挫をしてしまうと靭帯が伸びてしまって役割を果たしにくくなり、再発することが多く見られます。

 

捻挫をしたらすぐに処置をしてもらうようにしましょう。

放置するのは危険です。

 

スポーツに復帰する際は痛みがなくなってきちんとリハビリをしてから復帰しないと再発するリスクが高くなります。

 

捻挫をした後は足関節の可動性が悪くなり、筋力も落ちてしまいます。

 

可動性、筋力をきちんと戻してから復帰するようにしましょう。

 

 

ケガをしてしまった際はなんでも当院にご相談ください。

投稿日:2018年06月02日
infotop
檜-ひのき-鍼灸接骨院
075-874-3888

【診療時間】

 午前 8:30~12:00
 午後 16:00~20:00
 土曜 8:30~13:00

【定 休 日】

 土曜日の午後・日祝日

 〒614-8365
 京都府八幡市男山金振1-28

 ★★駐車場完備★★


 ★迅速に返信いたします!★

問合せ
sidebottom