成長期に起こりやすいスポーツ障害(足編)

前回に引き続き成長期に起こりやすいスポーツ障害。

 

今回は足編です。

 

 

まずは膝・・・オスグッド・シュラッター病 いわゆるオスグッドです。

オスグッドは膝のお皿の下あたりが痛くなります。

 

 

オスグッドと言われたら聞いたことがある方が多いのではないでしょうか。

成長期のスポーツ少年特に10歳~15歳に多く発症します。

 

スポーツの種目としてはジャンプ、キック、ダッシュの動作が多いスポーツでサッカー、バレー、バスケットボール、陸上などに多く見られます。

 

なぜ起こるのかというと・・・太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)の引っ張る力(牽引力)が骨端線の閉じていない脛骨粗面に繰り返しかかること、骨の成長に筋肉や腱の成長が追いつかないため相対的に膝蓋腱を通して脛骨粗面にかかる力が大きくなることなどにより、骨端軟骨が損傷して脛骨粗面が隆起してくるものと考えられています。

 

 

続いて踵です。

 

踵で起こりやすいのは踵骨骨端症(セーバー病、シーバー病)

 

 

セーバー病は10歳前後の男児に多く、かかとの軽い腫れや押さえた時の痛み、歩行時痛といった症状がみられます。過激な運動のあとに症状が出ることが多く、かかとの痛みのため、つま先歩きになることもあります。

 

発育期の子どもの弱い踵骨骨端部(かかとの骨の端でアキレス腱が付着しているところ)に運動などで負荷がかかり、そこにアキレス腱の引っぱる力が持続的に加わることで、踵骨に血流障害が起こり、踵骨骨端核(かかとの骨の骨端軟骨より先の部分)の壊死(えし)、または骨軟骨炎を発症するのがこの病気です。

 

 

ストレッチなどで体の柔軟性を高めたり、練習前にウォーミングアップをしっかりすることと練習後のクールダウンきちんとしてケガを予防しましょう。

 

ケガをしてしまった際はなんでも当院にご相談ください。

投稿日:2018年04月07日
infotop
檜-ひのき-鍼灸接骨院
075-874-3888

【診療時間】

 午前 8:30~12:00
 午後 16:00~20:00
 土曜 8:30~13:00

【定 休 日】

 土曜日の午後・日祝日

 〒614-8365
 京都府八幡市男山金振1-28

 ★★駐車場完備★★


 ★迅速に返信いたします!★

問合せ
sidebottom