顎が外れたら・・・

顎関節脱臼(がくかんせつだっきゅう)は身体の中で3番目に起こりやすい脱臼です。

 

あくびをした時など口を大きく開けて正常な可動域を越えて関節が外れてしまいます。

関節が外れてしまうと口を閉じることができなくなります。

顎が外れてしまうと耳の前のほうが少し凹んでみえます。

 

また顎は一度外れると習慣性脱臼と言ってちょっとしたことで脱臼してしまうようになるので注意しましょう。

 

顎が外れた場合・・・

発生後すぐに徒手整復をすれば簡単に治すことができます。

整復後は再脱臼防止のため包帯で固定し、患者さんに顎の運動を制限するように指導します。

 

発生後すぐに整復せず慢性化してしまうと整復することが困難になります。

 

顎が外れたらすぐに近くの病院または接骨院を受診してください。

 

 

ケガをした際はなんでも当院にご相談ください。

投稿日:2018年03月24日
infotop
檜-ひのき-鍼灸接骨院
075-874-3888

【診療時間】

 午前 8:30~12:00
 午後 16:00~20:00
 土曜 8:30~13:00

【定 休 日】

 土曜日の午後・日祝日

 〒614-8365
 京都府八幡市男山金振1-28

 ★★駐車場完備★★


 ★迅速に返信いたします!★

問合せ
sidebottom