高齢者の骨折について

今回は高齢者の骨折について書いていきます。

 

高齢者に多くみられる骨折は4つあります。

・上腕骨外科頸骨折(じょうわんこつげかけいこっせつ)

・橈骨遠位端部骨折(とうこつえんいたんぶこっせつ)(コーレス骨折)

・胸腰椎椎体圧迫骨折(きょうようついついたいあっぱくこっせつ)

・大腿骨頸部骨折(だいたいこつけいぶこっせつ)

この4つがあげられます。

 

高齢者の方の骨折は骨強度の低下(骨粗鬆症)による脆弱性骨折が多く比較的弱い外力でも骨折してしまうことがあります。

 

また、筋力・バランス機能の低下等により転倒しやすくなっているために骨折が増えてしまいます。

 

骨折が原因で寝たきりになってしまう方もいるのでそうならないためにも日頃からケアや予防がとても大切になってきます。

 

~予防・ケア~

・定期的に健診を受けて、骨粗鬆症の程度を知る

・骨粗鬆症があれば内服・注射により進行を抑える

・カルシウム、ビタミンD、たんぱく質などの栄養素を適量に摂取する

・運動、日光浴をする

・禁煙し、アルコール摂取を控えめにする

・転ばないように環境整備を行う

・運動による筋力トレーニング、バランストレーニングを行う

 

などできるケアや予防はたくさんあります。

できることから取り組んでケアや予防をしてみてはいかがですか。

投稿日:2018年02月10日
infotop
檜-ひのき-鍼灸接骨院
075-874-3888

【診療時間】

 午前 8:30~12:00
 午後 16:00~20:00
 土曜 8:30~13:00

【定 休 日】

 土曜日の午後・日祝日

 〒614-8365
 京都府八幡市男山金振1-28

 ★★駐車場完備★★


 ★迅速に返信いたします!★

問合せ
sidebottom