よくある質問2 冷シップと温シップ

「冷シップと温シップどっち貼ればいいんですか?」

という質問をよく頂きます。

 

実はどちらも成分にそれほど大差ないのです。

温シップは温かく感じるだけで実際には血管拡張作用はないとされています。

 

しいていえば、

・慢性疾患には温シップ

・急性疾患には冷シップ

 

がいいのではないでしょうか!

 

とはいえ冷シップには消炎・鎮痛成分が入っていますので、万能です。

迷ったら冷シップ貼ってください。

シップリ貼っといてください!シップなだけに!

あ、全然上手くなかった・・・。

投稿日:2016年03月25日