腰痛ガイドライン

日本整形外科学会と日本腰痛学会がまとめる「腰痛診療ガイドライン」というものがあります。

治療効果や症状などの膨大なデータをまとめたものです。

 

 

さて、注目したいのはヘルニア※があっても腰痛のない人が76%いた!

という事と

職場や生活のストレスが腰痛の回復を遅らせるという事がデータとしてわかったという事です。

(※ヘルニアとは飛び出るの意味。椎間板が飛び出ていれば椎間板ヘルニア。腸が飛び出れば腸ヘルニア)

 

 

つまり、ヘルニアと診断されても今の症状がヘルニアによるものとは言い切れない!という事です。

腰痛 ‐ヘルニアの鑑別‐ でも書きましたが、ヘルニアと診断されて諦める必要はなく、

まだまだ改善する可能性はある!という事です。

 

 

また、ストレスが回復を遅らせるという事もデータとして出たみたいですね。

確かに明るくハツラツとした方のほうが治りは早く感じます。

 

 

それと、慢性腰痛には運動療法が効果的という事でした!

 

 

 

IMG_0331 (1)

薬店併設してます~。

 

投稿日:2015年12月17日