急性腰痛(ギックリ腰)になった時どうする?

9月、10月と当院では急性腰痛、俗にいう「ギックリ腰」で来院される方

が非常に増えています。

この時期はギックリ腰の患者様は多いものですが、それにしても多いような気がします。

天気や気温が関係しているのかもしれませんね。

 

 

さて、「ギックリ腰になったときどうしたらいいの?」

とよく聞かれます。

 

ギックリ腰になったら・・・

あまりに痛みが強ければアイシングはした方がいいですが、

絶対冷やさなければいけないという事はありません。

アイシングについてはこちらをお読みください→アイシングの達人への道

 

 

安静にするかどうかですが、動ける範囲で普通に動いてください。その方が回復が早まります。

でも激しい運動や特に腰を使う動作は控えてくださいね。

 

 

ぎっくり腰になったら、まとめ

 

・痛みが強ければ冷やす

・激しい運動や腰に負担のかかる作業はしない

・安静にし過ぎず、普段通りに動く

・湿布を貼る(湿布は冷やす為に貼るのではありません。湿布には冷却作用もありません。鎮痛効果があります)

 

これぐらいでしょうか!

 

ちなみにお風呂に関しては、原則痛みが強い時は温めない方が良いのですが、

正直、それほど影響があるとは思いません。

ですので、常識の範囲を超えるような長湯でなければササッと気にせず入浴してもらってよいと思いますヨ。

投稿日:2015年11月05日