アイシングの達人への道 2

アイシングの達人への道 1では過度なアイシングは

 

傷の治療を遅らせると書きました。

 

「熱さ(炎症)を抑えるためにアイシング」

 

「腫れをひかせるためにアイシング」

 

というのは少し違います。

 

炎症は治癒過程で起こるものなので、抑えすぎると治癒を遅らせるし、

 

アイシングで腫れはひきません。

 

 

 

アイシングの目的は・・・

 

 

アイシングは早くリハビリを始めるために

 

「腫れの予防」と「痛みの軽減」をする為に行います。

 

 

 

 アイシングを必要とするとき

 

・ケガの直後で腫れを予防する時

・強すぎる炎症で痛みがあり、リハビリが出来ない時

 

なんでもかんでもガンガン冷やすのは治療を遅らせます 😐 

 

 

関連ページ

 

アイシングの達人への道 序

アイシングの達人への道 1

アイシングの達人への道 3

アイシングの達人 まとめ

投稿日:2015年10月01日