体内美肌その1

艦長です。久しぶりの投稿です。

 

今日は以前に投稿していました身体を温める食べ物について紹介したいと思います。

 

以前の投稿 知っている=出来ている?

 

 

まずは、生姜、冷えの改善や血行促進効果がありますがそれ以外にも鎮痛効果、消化・吸収能力アップ、

便秘解消、むくみ防止、コレステロール低下、などなど様々な効果が期待できます。1日の摂取量の目安は約10gと言われています。

 

他にもりんご、ぶどう、プルーン、赤身の肉、にんじん、ごぼう、紅茶、黒砂糖、海藻類、小豆、黒豆、

梅酒、日本酒、焼酎のお湯割り、赤ワインなども身体を温める食物などになります。

 

え? そんなのはもう知っている?

 

散々ためといて、これかえっっ!! 

と思っている方ばかりでしょうか。まあそう言わずに、、

 

結局のところ、目新しい魔法のような必殺技というのはなく、日々の積み重ねが大切であることは間違いないです。今食べている物が10年後の身体を作る、というように。

そう、毎日の積み重ねが本当に大切ですよね。

 

当院では「美肌セラピー」といって「美」にも取り組んでおります。

どうせなら、からだも温まって、肌もきれいになったら最高じゃないですか?

 

肌をきれいにしたいと思ったら、スキンケアだけではうまくいきません。からだが健康であって、はじめて、肌もきれいになれるからです。食べること、眠れること、運動をすることなど、普段の生活にどれだけ気をくばることができていますか?

からだも心も元気になる生活スタイルをとり入れて、からだの内側から美肌を手に入れたいですよね。

 

もちろん、その方法も「安心」であって「安全」であってなおかつ「健康」になること、でないといけません。

 

次回は、その方法をお伝えできたらと思います。

 

 

 

 

 

 

 

投稿日:2015年01月12日
infotop
檜-ひのき-鍼灸接骨院
075-874-3888

【診療時間】

 午前 8:30~12:00
 午後 16:00~20:00
 土曜 8:30~13:00

【定 休 日】

 土曜日の午後・日祝日

 〒614-8365
 京都府八幡市男山金振1-28

 ★★駐車場完備★★


 ★迅速に返信いたします!★

問合せ
sidebottom